国産牛正肉

国産牛正肉

肩ロース、うで、ブリスケ、バラ、リブロース、サーロイン、ヒレ、らんぷ、ともばら、そともも、うちもも、しんたま、すね

 

肩ロース

肩から背中にかけての長いロース肉です。霜ふりの柔らかい赤身肉で、食感と濃厚な味が特徴の部位です。 ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きなどにおすすめです。

肩ロース_0

うで

モモ肉に比べると、スジが入り組んでおり肉質も若干硬めです。ただし、一般的に味はよく、モモ肉のような血の気をあまり感じません。ウデ肉だけで、ステーキ、焼肉、牛タタキ、カレー用と様々な用途の商品作りが可能です

ude2

ブリスケ

前足の付け根にあるのが、ブリスケ。長時間煮込んでも崩れず、シチューに最適です。

bri2

バラ

「ばら」肉は繊維質や筋膜が多く、厚めで肉のきめも粗い方なので、肉質は堅い部位となります。 呼吸や横隔膜の運動などで常に動いている部位なので、肉のキメは荒いですが、濃厚な風味のあるのが特徴です。骨付き料理で有名なショートリブは、肋骨を付けたままで肉をカットしたものです。うま味のあるところを同時に味わえます。 脂肪を含んだ独特のうま味を生かして、厚切りや大切りにし、シチューや角煮に向いています。

bara2

リブロース

最も厚みがあるロース部分です。霜降りになりやすい部位で、きめが細かく肉質も良い。 用途:ステーキ、ローストビーフ、しゃぶしゃぶ等

ribrose

サーロイン

牛肉の中では最高の肉質です。唯一「サー」の称号を与えられた部位です。やわらかく甘みがあり、霜降りが多いのが特徴です。 ステーキはもちろん、しゃぶしゃぶ、すき焼き、そしてローストビーフにも向いています。

sarloin

ヒレ

サーロインと並ぶ牛肉の最高部位。きめが細かく大変柔らかな部位です。脂肪が少ないので、ステーキやビーフカツなどの焼き物や揚げ物に最適。

firet

しんたま

タンパク質を多く含み、幅広い用途にご利用いただけます。赤みがあり、脂分が少ない部位です。分割後:かめのこ、芯々、マルカワ用途:焼肉・カツ・ローストビーフ・シチュー

shintama

内もも

赤身の牛肉の部位中、脂肪が少ない部位です。ステーキ、焼肉で利用したり、煮込みになど幅広く使えます。

uchimomo_0

外もも

スネ肉との中間にある部位。全体重を支える筋肉のため、肉質は固めです。ローストビーフなどに適した部位です。

sotomomo2

すね

この部位は脂肪分がすくなく、腱や筋膜がたくさんあるので、スープをとるのに最高の部位とされています。

sune_0

びえい和牛

びえい和牛は日本酒を製造したときに産出される酒粕「男山 」の生酵母を牧場独自の飼料に配合しています。牛に与える粗飼料は低農薬米の稲藁を与えさらに大雪山の湧水を飲んで育ったこだわりの びえい和牛です。

びえい和牛

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中